close

review

50音順・敬称略
  • 肉体もアート、言葉も音楽もアート、
    全てがポートレートのように美しい。
    ライアン・ゴズリングと
    マイケル・ファスベンダーの魅力が
    最大限に引き出されたテレンス・マリックの
    マジックに何度でも酔いしれたい。
    伊藤さとり(映画パーソナリティ)
  • 魂のカメラに乗って人生の旅をする。
    音楽のように映画が沁みる。映し出されていく移ろう人の心に気持ち良く酔って行く。
    テレンス・マリックが贈る、探すことを諦めない人への賛歌。
    犬童一心(映画監督)
  • 問題を抱えた不器用な男女たち
    を演じる豪華俳優陣と、
    自由に言葉を発する豪華ミュージシャン達!
    ちょっとした表情や仕草の生々しさと
    美しい日常の景色はミュージックビデオを
    見ているような気分になりました。
    IMALU(タレント)
  • テレンス・マリックは映像の詩人である。
    その描く世界は恐ろしいほどコンテンポラリーで、
    世界がまだ追いついていない。
    岩井俊二
  • フィクションのはずなのに、
    いつの間にか彼らの生活を
    こっそり覗き見ている気持ちに。
    生々しく揺れ動く感情をそのままに捉える画に、
    心がざわつく。
    劇場を出たとき、観る前とは違う景色や匂いが
    漂ってくるような映画。
    枝優花(映画監督•写真家)
  • 酔う。
    人物に張り付いて絶対逃してくれないカメラ。
    こちらの目を隙あらば射る斜陽。
    綺麗な恋愛を連打してくるかと思えば、不意に娘が父親に己の不甲斐なさを
    懺悔するのがガソリンスタンドでの立ち話とかいうリアリティ。
    えぐられる。
    大九明子(映画監督)
  • 永遠に続いて欲しいような
    美しいシーンが続く。
    無作為に思えるが、
    一瞬の光の入り込み方にすら
    意図が張り巡らされている。
    簡単に理解しづらく、
    何度も観たくなる所も含めて、
    正しく「映画」でした。
    贅沢な一作です。
    オカモトコウキ(OKAMOTO’S)
  • テレンス・マリックが描く混乱の世界にただ一つ、
    真実の愛が生み出した
    オアシスのような大海原がある。
    透き通っていて、永遠と続くように思える。
    外界に出れば出るほど、
    人はその居心地の良さを無意識に求めている。
    小川あん(俳優)
  • 恐れに心を支配された者たちの
    戯れは閃光のように美しく、
    愛を信じたくさんの悲しみを受け止めてきた
    パティ・スミスの真実の言葉はセラピーのようだった。
    すべてを包み込む音楽の街
    オースティンも主役級のかがやき。
    奥浜レイラ
    (映画・音楽パーソナリティ)
  • 言葉を探して、見つけて、諦めて。
    私達は彷徨いながら人生の答えを求めていく。
    撮影はさすがのエマニュエル・ルベツキ。
    肌のしっとりとした質感や
    温もりまで伝わってくる。
    この映画には脳にしがみつくような快感が潜んでいる。
    加藤るみ(タレント)
  • 生きるということは恋をすること、
    とミュージシャンたちが歌いながら、
    徐々に落とし穴にはまっていく。
    愛と裏切りの中で歪みはじめていく4人の関係。
    今回も美しい映像美をこれでもかと見せる。
    映画好きにはたまらない映画。
    鎌田實(医師・作家)
  • 鬼才テレンス・マリックの最新作は、
    エマニュエル・ルベツキの驚異的なカメラアイによって、
    映画が最も「音楽」そのものに近づいた記録となっている。
    そして物語は驚くべき流れに。言葉を失う経験。
    菊地成孔(音楽家・文筆家)
  • 撮影監督エマニュエル・ルベツキの
    広角レンズの目は、
    登場人物たちの心の奥底まで描きながら、
    その向こう側に広がる世界をも見渡している。
    時間を行ったり来たりしながら、
    気がつけばその広く美しい世界に
    没入している自分に気づかされた。
    動と静のダイナミズムが美しい
    としかいいようがありません。
    佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)
  • 〝映像美〟本当にこの言葉がピッタリ。
    子供の頃に憧れた〝大人〟と〝アメリカ〟を久しぶりに感じた映画。
    映像で人の揺れを描き続ける。
    とても美しくて、時に緊張する。そんな時間を過ごせました。
    ジェントル(作家・俳優)
  • 名匠と豪華キャストが創り出したのは、
    ポエティックな空虚。
    寄る辺なく漂う孤独、
    自意識過多の独白、
    私たちもよく知っている青い不安。
    だが、愛を「求める」声が
    「与える」意志に変わるとき、
    世界はその色を変える。
    SYO(映画ライター)
  • 圧倒的な映像美、豪華な俳優陣に音楽。
    そして恋人たちの手つきや表情が、
    服を着ているのに官能的で、
    それがなんとも癖になり、じっと見入ってしまった。
    もっと見ていたいと思った。
    瀬戸あゆみ
    (モデル・ブランドディレクター)
  • ポップミュージックを聴いてきた。
    多感なときからずっと。
    ロックやソウルやブルースやポップスや
    レゲエやジャズやラップも。
    世界中の音楽を聴くとき思った
    ロマンチックな気持ちと少しの痛み。
    そうそうそんな映画だった。
    ポップミュージックを聴いたときのあの感じだ。
    今ルベツキが撮るルーニー・マーラの
    美しさを思い出してばかりいます。
    ダイノジ大谷(漫才師・演芸DJ)
  • 誰しもが何かに悩んでいる。
    答えを出してもそれが正解なのかまた悩む。
    壁にぶつかり続ける主人公達を
    少ない言葉で繊細に描いている素敵な映画でした。
    高橋健介(俳優)
  • 美しくて愛おしい人間の感情たち。
    静かな悲しみと愛と怒りと…。
    人間の複雑に絡んだ感情が
    全て描かれている気がします。
    物語もそうですが、人間を見て感動しました。
    色々な人と関わっていくと新しい感情が
    生まれてきて、いいものも悪いものも。
    でもそれって改めて考えると
    1人でいたら生まれなかった感情な訳で、
    素敵なことだなって思います。
    改めて自分の生活や行動
    一つ一つが愛おしくなりました。
    武田玲奈(女優)
  • 何者かになれた人々を羨むことはよくある。
    ただ彼らは彼ら自身が本来夢見た場所に
    本当に立っているのだろうか。
    誰もが何かしらを落とした先に希望を見つけ、
    其処に存在しているように思う。
    巽啓伍(never young beach/Bass)
  • 劇中に多く登場する
    実際のオースティンの音楽フェスたち。
    テレンス・マリックが撮るフェスは、
    情熱的で、無邪気で、美しくて、儚い。
    そこで出会うパティ・スミス、
    イギー・ポップらの力強い言葉が、
    主人公たちの日常、
    そして僕らの日常も肯定してくれる。
    津田昌太朗(Festival Life代表)
  • 風や香りや体温のあたたかさまで感じる、
    五感のすべてが刺激されるラブストーリー。
    ありふれた日常の中にこそ決して見逃したくない
    ロマンティックな瞬間が溢れていると気づかせてくれる。
    DIZ(映画ライター)
  • 美しい詩集の中で泳いでいるかのような映画。
    肌の上をすべる指先、
    キスのタイミングを伺っているのは私なのか。
    呼吸の温度と、夢の冷たさを、
    同時に体験している感触。
    前田エマ(モデル)
  • 音楽に溢れた街、オースティンを舞台に
    “何者か”になる夢を諦めきれずにいる登場人物たちが、
    さまざまな出会いを経ながら自分自身を見付けていく物語。
    答えは鏡に映る姿ではなく、相手の目に映る像に隠されていたりもする。
    華やかな俳優陣が織りなす人間模様の中で、
    本人として登場するパティ・スミス、
    イギー・ポップの存在感があまりにも強烈だ。
    増田勇一(音楽ライター)
  • 真実の恋か、華やかな成功か。
    鬼才テレンス・マリック監督が音楽を奏でるように、
    男女4人の人間模様を描き出す。
    豪華キャストの即興演技が
    見事なハーモニーを奏でるなか、
    ギターを弾き、恋に揺れ、
    パティ・スミスと語りあう
    ルーニー・マーラの無邪気な美しさが魅力的。
    村尾泰郎(映画・音楽ライター)
  • テレンス・マリック監督の
    ロマンチックで切なく、アートのように美しい映像に心を奪われました。
    そして豪華すぎる俳優陣の美しさに圧倒されました。
    画作りがとても新鮮で絶対スクリーンで観るべきだと思いました!
    10年後にもう一度みたい映画です。
    メドウズ舞良(女優・モデル)
  • そこでケイト・ブランシェット?
    って好きな俳優勢揃いなだけで眼福にも関わらず、
    面白い建築や予想を裏切るカメラ位置、
    自分の人生と台詞を重ねる余白までもらえた。
    幸せはどこにあるんだろう、
    生きるために付き纏う疑問を
    一緒に考えてくれるようなそんな時間だった。
    柳英里紗(女優)
  • 恋愛やロック・コンサートの陶酔のさなかに訪れる、
    全てが遠い追憶であるかのように思える瞬間。
    透明な切なさに満ちたその瞬間を
    テレンス・マリックは「歌」と呼び、映像に封じ込めた。
    山崎まどか(コラムニスト)
  • マリック作品ベストであり、
    どんな時代にも通じる、
    普遍的なエンターテインメント
    Colliderm
  • 傑作、人生を変える一本
    The Independent
  • 時を忘れるほど美しい
    Vogue
  • 愛おしい物語。
    温かい涙が流れる
    Little White Lies
  • 大切な人に思いを伝えたくなる
    TheFilmFile.com
  • シャガールの絵画のようだ。
    大胆で、独創的で、魅惑的
    Slate
  • 甘く、切なく、どうしようもないほどロマンティック
    Associated Press
  • 心が、魂が、震える。
    ロマンス映画の革命!
    The Guardian
  • 全てが珠玉の瞬間。
    ロック、レゲエ、パンク、
    ヒップ・ホップ、
    クラシック、ブルース、
    いくつもの素晴らしい楽曲と
    名シーンが何度も
    脳内ループする
    PopMatters
12.25 fri Roadshow